OTAKU MESHI !!

アニメ飯・漫画飯のレシピブログ


【刀剣乱舞】虎徹兄弟と長谷部の!たまごふわふわうどん【第1弾】

 

f:id:ageha-bunny0723:20180315135956j:plain

 

 

刀剣乱舞 花丸から

虎徹兄弟が作った「たまごふわふわ」と

へし切長谷部さんが作った「うどん」を

コラボさせて、

たまごふわふわ風うどん」を

作ってみたいと思います!

 

 

ちなみに、以前の刀剣乱舞の記事

桜のヘアピン風!花丸クッキー

ageha-saigenmeshi.hatenablog.com

 

 

今回は、長谷部さんのうどんなので

作中と同じく手打ちうどんに

挑戦します!

 

そして、たまごふわふわは

土鍋で湯立てるのではなく、

土鍋風の器に入れて

レンジでチンして仕上げたいと思います!

 

うちにIH用の土鍋がないことと

レンチンのほうが

「茹でるときに変形した!」なんてことに

ならないんじゃないかという考えから、

今回はこのような方法で

作っていきたいと思います。

 

 

レシピだけ見たい方は

目次からどうぞ!

 

 

 

 

登場シーン うどん

 

刀剣乱舞 花丸 其の三

 

 長谷部さんのうどん

刀剣乱舞花丸 第6話に登場しました。

 

ある日、刀剣男子達がいる

本丸の主が

熱をだしてしまいます。

 

風邪をひいた主のために

主大好きな長谷部さんは

栄養のあるものを食べてもらいたい」と

燭台切さんに見守られながら

うどんを作ることにします。

 

へし切長谷部と燭台切光忠のうどんの作り方付き 専用土鍋

 

そしてここでなぜか突然、

うどんミュージカルが始まります (笑

 

仲良く歌いながら

手打ちうどんを作っていく2人。

 

このうどんミュージカルのシーン

大好きです!

 

最初突然歌い出したときは

いったい何事かと思いましたけど(笑

 

でも、こういうネタに走った感じ

嫌いじゃないですw

あんなに楽しそうに作っているのを見ると、それだけでうどんが作りたくなってきますよね!

 

 

登場シーン  たまごふわふわ

 

続 刀剣乱舞 花丸 其の三

 

たまごふわふわ

続 刀剣乱舞 花丸の第5話に登場しました。

 

虎徹三兄弟の末っ子、浦島虎徹は

兄2人が仲が悪いことに悩んでいて…。

 

なんとかしたいと思った浦島くんは

がんばって誉をもらったご褒美に

兄ちゃん達の料理が食べたい」と言います。

 

かわいい弟の頼みなら、と

さっそく台所で料理をすることにした

長曽袮さんと蜂須賀さん。

 

ここでミュージカル再び(笑

 

しかし、蜂須賀さんは

長曽袮さんと協力することを嫌がり

米でも炊いてろ」と

一人で、出来もしない料理を作り始めます。

そして案の定、デロッデロの茶碗蒸しが

出来上がります…(笑

 

落ち込む蜂須賀さんに

長曽袮さんは、

元主が好きだった食べ物がある。

それで良ければ一緒に作らないか?

と、慰めます。

 

長曽袮虎徹さんの元主、

新撰組の近藤勇

静岡県袋井市のご当地名物

たまごふわふわ」が

好きなんですね。

 

新撰組局長の好物が

たまごふわふわ……。

これがギャップが萌えというやつですね。

わかります。

 

たまごふわふわって何?」という方は

こちらのサイトさんがたまごふわふわについて

詳しく掲載されてたのでご覧ください。

www.google.co.jp

 

そしてたまごふわふわ完成!

こっそり覗いていた浦島くんもキラッキラの表情。

かわいすぎるやろ……。

 

 

というわけで、

今回は長谷部さんの

主への愛情たっぷりな手打ちうどんと、

浦島くんも大好きな

兄2人の愛情たっぷりのたまごふわふわ

コラボさせて

たまごふわふわ風うどんを作っていきます!

 

 

レシピ

 

材料  (1人分)

 

◆ 手打ちうどん

・強力粉………100g

・水……………75cc

・塩……………小さじ1/2杯

・ヒガシマルうどんスープ……1人分

 

f:id:ageha-bunny0723:20180316003406j:plain

 

 

◆ たまごふわふわ

・卵……………2個

・みりん………小さじ1杯

・塩……………少々

 

f:id:ageha-bunny0723:20180316003806j:plain

 

 

 

うどんを作る

 

 

うどんのレシピは

こちらの方を参考にしました。

 

cookpad.com

 

 

 

食塩水を作り、強力粉に流し込みます。

f:id:ageha-bunny0723:20180316004305j:plain

そのまま手でかき混ぜます。

f:id:ageha-bunny0723:20180316004415j:plain

粉っぽさがなくなり、

こんな感じにまとまります。

 

まとまったら

まな板に打ち粉をして、

手で捏ねていきます。

f:id:ageha-bunny0723:20180316004513j:plain

ベタベタひっつくので

打ち粉はしっかりしてくださいね。

 

耳たぶくらいの固さになるまで

「打ち粉をしては捏ねる」を

繰り返してください。

 

ラップに包んで

一度、冷蔵庫で寝かせます。

f:id:ageha-bunny0723:20180316005042j:plain

燭台切さんは1時間といってましたが、

今回のレシピだと

だいたい15分〜20分くらいでOKです。

 

 

メレンゲを作る

 

うどんの生地を寝かせている間に

たまごふわふわの卵を泡立てていきます。

 

まず、卵を卵白と卵黄に分けます。

f:id:ageha-bunny0723:20180316005600j:plain

 

卵白にみりん小さじ1杯と

塩を少々入れて、

ハンドミキサーで泡立てます。

f:id:ageha-bunny0723:20180316005737j:plain

ボールを斜めにして、

空気を含ませるように泡立てていきます。

 

最初は低速で、徐々に高速にして

泡立てましょう。

ここでしっかり泡立てると

キレイなたまごふわふわが出来上がります。

 

ある程度メレンゲ状になったら、

低速でキメが細かくなるように

少し泡立てます。

f:id:ageha-bunny0723:20180316010404j:plain

ある程度泡立てたら、そこに

卵黄を加えます。

f:id:ageha-bunny0723:20180316010521j:plain

そして全体に馴染むように

泡立てます。

f:id:ageha-bunny0723:20180316010608j:plain

全体に馴染んだら

うどんが出来るまで置いておきます。

 

 

うどんを踏み踏みする

 

冷蔵庫のうどんを取り出し、

ビニール袋に入れて

長谷部さんと同じように

足で踏んでいきます。

f:id:ageha-bunny0723:20180316073535j:plain

もともと参考にしているレシピだと

踏まなくてもいいのですが、

長谷部さんが踏んでいたので

私も軽く踏んでおきます。

 

 

麺を作る

 

まな板にしっかり打ち粉をし、

麺棒で生地を伸ばします。

f:id:ageha-bunny0723:20180316073935j:plain

縦と横に伸ばして、

次に斜めに伸ばすと長方形になります。

 

3mmくらいの厚さになったら

生地に打ち粉をして三つ折りにします。

f:id:ageha-bunny0723:20180316074231j:plain

畳み方は、作中で

長谷部さんがやっていたのを

参考にしてください。

 

タッパーの蓋などを使いながら

生地を包丁で切っていきます。

f:id:ageha-bunny0723:20180316075016j:plain

膨張するので

ある程度は細めのほうがいいのですが、

あとでレンジでチンするので、

少し太くなっても大丈夫です。

f:id:ageha-bunny0723:20180316075735j:plain

私はちょっと

太くなってしまいました…

そして太さもバラバラに…(泣

なかなか長谷部さんのようには

いきません。

 

切った麺に打ち粉をしながら

麺をほぐします。

f:id:ageha-bunny0723:20180316080058j:plain

 

これで麺は完成です。

あとは茹でるだけ。

 

 

麺を茹でる

 

鍋に水を入れ、

少し泡がプクプクと出て、沸騰し始めたら

麺を入れて茹でます。

f:id:ageha-bunny0723:20180316080458j:plain

入れて最初は、2、3回かき混ぜて

あとは麺が浮いてくるのを待ちます。

f:id:ageha-bunny0723:20180316080926j:plain

あとでレンチンするため、

あんまり茹でると柔らかくなりすぎて

コシがなくなるので

ある程度浮いたら火を止めて大丈夫です。

 

ザルに入れて、冷たい流水で

ぬめりを取るように洗います。

f:id:ageha-bunny0723:20180316081134j:plain

これで、締まりがでて

コシのあるうどんになります。

 

 

器にヒガシマルうどんスープを入れ

パッケージに書いてある量の

お湯を入れます。

 

そこに水気を切った麺を入れ、

その上にたまごふわふわの卵をかけます。

 

 

レンジでチンして完成!

 

レンジ600Wで2分〜3分くらい温めます。

 

私は手探り状態でやってみたので

50秒ずつ温めました。

f:id:ageha-bunny0723:20180316082214j:plain

ちなみに50秒を

3回繰り返したのがこれ。

 

若干スフレ状になりました。

 

卵の固さはお好みでいいと思います。

他の方が作っているたまごふわふわは

もっとムース状な感じでしたが

 

私はスフレっぽい感じで

ちょっととろけるくらいの固さが

おいしかったです。

 

ネギを散らして完成!

三つ葉がなかったので、

ネギを代用しました。

 

f:id:ageha-bunny0723:20180316084133j:plain

 

おいしくできました!

 

見た目がちょっと原作と違いますが

おいしいので良しとしましょう!

f:id:ageha-bunny0723:20180316085158j:plain

たまごふわふわの中から

長谷部さんのうどん。

 

うどんとたまごふわふわ、

めっちゃ合います!

 

そしてヒガシマルのうどんスープ

めっちゃおいしい!

普通のたまごふわふわにも

このスープ絶対合うと思います。

 

 

とうらぶ好きな審神者の方々、

よかったら作ってみてくださいね!

 

 

 

【追記】

 たまごふわふわの素晴らしいレシピをあげている方を発見しました!

 

 

 

このツイートを見て

私のたまごふわふわは

まだ途中段階なんだと痛感したので、 

 またリベンジしたいと思います!

 

【追記2】

たまごふわふわうどん第2弾を

更新しました!

よろしければご覧ください! 

ageha-saigenmeshi.hatenablog.com

 

【追記3】

たまごふわふわうどん、完成しました!

 

ageha-saigenmeshi.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レシピブログ、ブログ村に参加しています。

よろしければクリックして頂けると

励みになります!